2010年04月22日

沖縄戦「集団自決」記述は継続審議 歴博が検討委 (産経新聞)

 国立歴史民俗博物館(千葉県佐倉市)の第6展示室「現代」の沖縄戦「集団自決」に関する記述で、沖縄県の一部市民団体などから抗議が寄せられている問題で、同館は18日、展示内容を再検討する委員会を開催し、継続審議とした。委員らは「集団自決には何らかの軍の関与があった」との認識で一致しているといい、今後、展示内容を変更する方針だ。次回委員会は5月中旬以降開催される予定。

【関連記事】
沖縄戦の展示内容を再検討 抗議殺到で歴博 千葉
小学教科書検定 検定透明化へ審議概要を公開
沖縄戦集団自決 「検定に政治介入なかった。検定意見は堅持」と川端文科相
大手学習塾教材に自虐史観 南京犠牲「十数万人」記述も
沖縄集団自決「軍の命令ではない」 地元誌特集

光ファイバー受注カルテル認定 4社に課徴金160億命令へ 公取委(産経新聞)
<間寛平さん>アースマラソン一時中断 米で治療(毎日新聞)
<ハノイ貿易大>日本語の簿記講座開設へ 学長ら来日(毎日新聞)
東大寺にふすま絵40面奉納=日本画家、5年がかりで制作−奈良(時事通信)
ゴルフ場スイング火災、砂地にダフり火花?(読売新聞)
posted by ヒラバヤシ トシカツ at 12:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。