2010年03月30日

国からの民間派遣137人=10年間の交流実績報告−人事院(時事通信)

 人事院は24日、施行から10年が経過した官民人事交流に関する年次報告書を国会と内閣に提出した。2000〜09年に国の機関が民間企業へ派遣した累計人数は137人で、民間企業からの受け入れ実績397人を下回った。人事院は「各省庁とも業務が忙しく、民間へ派遣する余裕がないのでは」としている。
 省庁別では、民間派遣は国土交通省66人、経済産業省35人、農林水産省12人の順に多かった。受け入れは、国交省126人、経産省81人、外務省66人の順。 

「刺すぞ」と路上で男に刺され、22歳男性死亡(読売新聞)
小林千代美議員の会見要旨(読売新聞)
1位は奈良先端大…国立大初の“通信簿”(読売新聞)
普天間移設案「慎重に検討」=米大使(時事通信)
全身の動きと触覚を同時計測=世界初、衣類型の装置開発−東大(時事通信)
posted by ヒラバヤシ トシカツ at 00:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。